Home >  近況報告

近況報告

七夕の日 大雨に見舞われて 

 

七夕の今日、特別警報が出るほどの、豪雨で、彦星と織姫の
お出会い、あいにくでした。
みなさん、お家は大丈夫でしたか、特に先日の、地震の後 整理に追われた上に、
豪雨に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。

7月は、祇園祭り。祇園祭は、7月1日から7月31日迄の1ヶ月間です。

ところで、7月にちなんだ、雑報、披露しましょう。
1日 童謡の日
2日 うどんの日
3日 ソフトクリームの日
4日 梨の日
5日 ビキニスタイルの日
6日 公認会計士の日
7日 七夕
8日 チキン南蛮の日
9日 ジェットコースターの日
10日 納豆の日
11日 養殖真珠発明記念日
12日 人間ドックの日
13日 日本標準時制定記念日

七夕さん中心に前後披露しました。
あと、ご存知の方、投稿よろしく。

 

コメント(2) / トラックバック

地震、大丈夫でしたでしょうか。

通勤、通学の時間帯の地震でしたので、非常に心配しています。

実害はなかったでしょうか。

ニュースで、詳細が徐々に報道され始めていますが、無事をお祈り

しています。

余震にも、十分、ご注意ください。

株式会社  ソシオ
.    .社長 中 谷 健

コメント(1) / トラックバック

父の日を前に・・・

 

雨に濡れて紫陽花の花がいっそう綺麗に咲いていますね。

6月の第3日曜日は、父の日です。

「父の日」に皆様は、どのようにお過ごでしょうか?

「母の日」のように際立ったイメージがないのが「父の日」だと思いますが、なんと20〜30代の若者は、54%の方が「父の日」にお父様には「特に何もしない」との調査結果が出されていました。

お父様方は、家族の大黒柱として妻子のため企業戦士となり夜遅くまで身を粉にして

働きつづけておられるというのに・・・

「親孝行したい時に親はなし」ということわざをふと思い出しました。

私も人の親となり、父の日に息子が心を込めて作ったプレゼントを見て、今は亡き父親のありがたさを日々感じ育児にはげんでいます。

わたしが、若き頃、感謝の気持ちを形で現したいと思っていても、なかなか父親との対話が母親よりも少ない為か贈り物を選べなかったですね。

今、この歳になって花束と一言感謝のメッセージだけでも父の心に響いたのではないかと思い悔やまれます。

6歳の息子は、やはりまだまだ母親が恋しいようですが、今年は感謝の気持ちを込めて

息子とメッセージを贈りたいです。

 

 

 

コメント(2) / トラックバック

初夏の 琵琶湖 なぎさ公園で

 

                                                                  

 びわ湖のほとりに、人々が、憩いを求めて散策する、なぎさ公園通りには、渚いっぱいに
敷き詰められた、満開の芝桜に、あちこちで、ワー素敵、きれい・・・
めぐりくる季節に 必ず咲き誇る大自然の花のいのちに感動の声が飛び交う ひととき。

みずうみには、鴨が群れをなして、泳いでいます。

小鳥たちは、若葉の樹々を渡り、地上に舞い降りて、餌をついばむ風情は、なんとも
いとおしい風景です。愛らしく、そっとしのび寄りシャッターをきりました。

きれいな渚に、寄せては返す さざ波が、大自然のロマンを届けるように、
京大ボート部の、”われーは 湖の子・・”の琵琶湖周航の歌が、風に乗って
流れてくるような、多感な青春と、周航のロマンを想い出させます。
日本一を誇る、雄大な 琵琶湖。

束の間のひととき、ピンクの可憐な芝桜の花がとても愛らしく、散策する皆さんと、
言葉を交しながら、超多忙なGWの、公休日の一日、疲れをいやすひとときでした。

                                              

コメント(2) / トラックバック

至福の世界へ

おだやかな 春暖の続く、今日はソシオの定休日。

休み返上の昨今、ひさしぶりに さくら見物に出かけました。
淀川河川公園「さくらであい館」は超満員の人々が行き交う中、高齢者や、ベビー同伴の
家族連れは、ここにも、少子高齢社会の姿がありました。

高く澄み切った青空、満開のソメイヨシノのさくら並木に、心奪われながら、夢中で、
シャッターを切り続けました。

沢山の家族連れや、若いカップルの皆さんと、まるで知己の間柄のように親しく交流しながら、
大自然の雄大さに、久しぶりに英気を、とり戻したかのように嬉々とした ときが 流れました。
日頃の疲れをいやし、至福の世界へ  いざなう開放された時間、最高でした。

心地よい風に こころ いやされながら、大自然のいのちの素晴らしさは、心身共に 燃え立つ
ようなエネルギーを頂きました。

健康のためにも、若葉の季節、久しぶりの夫婦ふたり ツーショットの私たちに、ワンちゃんや、
カメラを向けて下さった温い人たちとの 美しい人間愛も、また さくら同様に美しいひととき
でした。

日本ならではの 春を愛でる素晴らしい季節、あと一週間。さくらが みなさんを待ってゝくれてる
ようですよ。

大自然のふところにふれる、満開の花見 お出かけになりませんか。

京都 八幡市 さくら であい館 Tel 075 633 5120

 

コメント(2) / トラックバック

幸せのベースは寄り添う絆

今日は暖かいお花見日和、桜も満開となり、樹々も芽吹き 若々しい春の喜びに溢れています。
ソシオメンバーズも、お花見デートを満喫しています。

 


.

桜も寒い時期を耐え、暖かい春を迎えると 花は咲き 鳥は歌い そよ風は 流れ、巡り来る四季の様に人生もそうありたいと感じます。

昨日、政府の発表では14歳以下の人口は、2045年には全都道府県で16,4%減少する。
それに対して75歳以上は、43都道府県で2割超となる。
日本のあちこちで街が消え、自治体の明日を想うとき 学校も 自治体も消滅の危険に
さらされている。
まさに ご自分の将来は、ご自分で考える時代に入っています。

結婚難の渦中にいる若者たちと細やかなコミュニケーションを計り、
メンタルサポートも熱心に行う ソシオの役割は、ますます重要になって参ります。

新人セラピーとしての基本をマスターし、一日も早くカップル誕生に貢献したい、誠心誠意
お幸せ創りのスペシャリストとして ますます自分を磨き、精進したい と心に誓いました。

誰からも必要とされる 虹いろの伴走、ご一緒にゴールめざして走り続けましょう。
高齢の創業者 専務の意志をしっかりと引継ぎ、社会に灯りをともし続けたい。
燃える様な熱意に溢れる毎日です。

OBご家族の皆様、春の息吹を胸いっぱい吸って 家族の絆 温めてくださいね。

 

セラピー補  加茂 央江

コメント(2) / トラックバック

春の訪れ

 

ホーホケキョ!

どこからか うぐいすの鳴き声が聞こえてきました。下鴨神社の方向に目をこらすと、
満開の紅梅にうぐいす色の尻尾が揺れている小鳥を見つけました。

そして又 ホーホケキョ!

近くに住んでいる私は 春を告げる小鳥たちの、たおやかな鳴き声に、
ふと足をとめて目を凝らしました。

これまでになかった ささやかな感傷が ソシオにご縁を頂いて これから生きる 心豊かな日々に、
色とりどりの美しい愛の詩を綴り続け、残された半生は数少ないうぐいすの様に
大切に生きて行きたい。

雪解けの道を滑る 子供たちの歓声にも 春のよろこびいっぱいでした。

 

コメント(2) / トラックバック

桜だより

早春の息吹が待たれる今日この頃。

ソシオサロンのすぐ近くに、蔦がからまるノスタルジックな建物があります。
ここは 元、中学校の校舎でした。数年前までは 元気な子ども達の声で溢れていた
はずの場所です。
高辻通り沿いには,真新しい制服を着た新入生を迎えるために植えられた数本の桜の木が
今もそのまま残っています。
.

.

ここ数日のポカポカ陽気で一気に開花、 今まさに満開の時を迎え、私たちの心を
和ませてくれています。

少子高齢化の今 、ソシオの大きな役割に身が引き締まる思いです。

ソシオサロンの手前  高辻通りの東側に咲き誇る早咲きの桜に、今朝 出勤の道すがら、
思わずシャッターチャンス。心が踊りました。

さぁ、今日もみんなに愛を届けよう。この桜の花のように、ハート一杯に愛を育てよう。
どうぞ  道中 満開の桜をお楽しみ下さいね。                           セラピー補 徳永 伸子

コメント(2) / トラックバック

優しさに包まれて

晩秋から初冬へ早くも年末を控えた21日、霞が関、経済産業省と、
永田町、内閣府の出張を通じて、心に沁みる出会いに深い感銘を
覚えました。

経産省でも、内閣府少子化対策担当でも、協議は勿論、お出迎え、お見送り
共に民間以上のご丁重な、おもてなしのハートにふれ、行政自ら手本を示して
おられました。

その後、新聞社へと移動。さすがに1日3ヶ所、訪問の後、東京駅へ。
タクシーを探しているとき、見も知らぬ、若い女性から、「こちらが安全
ですよと、私の手をとって、4.5分余り行動を共に。

余りのお優しさに、ドライな大都会のイメージは、ふっ飛んで、
「有難う。とてもお優しいのね、東京の方?」と尋ねると、
「いえ 山形です。あと1ヶ月で帰ります」「あゝ さすがね。
東北の方、震災や復興で大変だったでしょう。おいくつなの?」
「29才です。荒木と申します」

タクシーを止めて、私達ふたりを見送りながら 見えなくなる迄
手を振って下さった、あのハートいっぱいの女性こそ、日本の
誇る女性像。ほのぼのとした、温さにふれ、やはり時代が変っても
日本人の、いたわりや優しさ、大事にしなければ・・・・・・

束の間の見知らぬ人との優しさに包まれた、東京出張の
素晴らしいラストシーンでした。

 

コメント(2) / トラックバック

NPO法人WLB 通常総会のご案内

2017年度  NPO法人ワークライフバランス推進協力機構  第8期通常総会,
並びに第9期理事会を開催いたします。

ご承知の通り、少子高齢化社会問題から派生する諸々の緊急課題は、いよいよ
超深刻さを増し、次世代を生きる老若男女を問わず、当NPO法人の果たす、
役割は重要な課題に直面しています。
その解消の第一に、離婚のない、結婚、出産、子育て、教育、就職、介護等、
ワークライフバランスの安定と、その問題、原因に、いじめ、虐待、晩婚化、
単身化、孤独死など、人間の尊厳すら、踏みにじられた、緊急の現象改善に、
善意と隣人愛の人々の、協力を以って、しあわせの灯りをともす、支援運動に
立ち上がった、創業40年、ソシオ結婚専科®、婚産学連携統合一体となって、
決意もあらたに、その使命を全うする最重要年と、心いたしております。

今こそ立ち上らなければ、次世代、あしたは これ迄にない社会が待ち構えて
います。一期一会、寄り添う社会へ、ご支援ご協力をお願い申しあげます。

 

画像1‐画像NPO法人-300x132

特定非営利活動法人WLB           平成29年5月21日
ワークライフバランス推進協力機構
.       役員・社員(会員)各位様

特定非営利活動法人
ワークライフバランス推進協力機構
.                理 事 長 鈴 木 雅 夫
.                副理事長  木 谷 充 男
.                副理事長  野 条 治 子

          第8期通常総会・第9期理事会のご案内

日々ご活躍の御事とお慶び申し上げます。
皆様のご尽力と、ご支援、ご協力により、特定非営利活動法人ワークライフバランス
推進協力機構は、平成29年3月31日をもって、第8期を終了致しました。

世界情勢に見る、政治、経済の動向は目を離せない今日この頃です。
穏やかな安定と、しあわせな将来への社会貢献のために設立された当ワークライフバラ
ンス推進協力機構と一体となり、人々のしあわせ創りに貢献する 株式会社ソシオの、
結婚専科®役割はこれ迄以上に重要です。
わが国の10年、20年、30年後、次世代の国情を思う時、今、一丸となって、推進
のための改善計画の仕組みをUPし、実践。倍増の必要に迫られています。

日本社会に於ける現状も、少子高齢化進行は、今を生きる現実社会と次世代への弊害が
ワークライフバランスを根本から揺るがす現実社会となり、緊急課題としてNPO法人の
使命をもって今こそ立ち上らねばなりません。
人材不足による企業戦士, 個人とその家族、企業の未来に,予断を許さぬ超深刻な、少子
高齢化社会解消は、緊急大テーマを突き付けられています。

その原因は何かを共に協議し、そのための開発、進化、実践を以って、社会にOB家族
の次世代確立に課せられた大テーマ、使命です。

敗戦の中から立ち上がった日本が、世界の先進国として貢献し、豊かな国家に立ち直り
高学歴社会がもたらす先進技術の人材、豊かな生活環境とその力量が、世界に、貢献した今、すべては人材による大貢献の証しです。

当NPO法人は、ソシオメイトフォーラムと併行して スムース円満な成婚のための人間学
「愛を学ぶ青春塾」を永年の実績と時流を読み、日本に誇る伴走支援は、オンリーワン
の結婚専科で証明。その開講により、成婚の著しい向上に、大きく寄与してきました。
更に、超  結婚難時代に、親子の苦悩の現実社会を大改善したい。適齢の独身男女の結婚
を、スタートからゴール迄、結婚後の子育て、教育、介護等、家族のしあわせを願う、
総合的な取り組み、そのためのスペシャリスト支援カウンセラー育成の充実、補充。
創業40周年を機に、ワークライフバランス推進協力機構設立趣旨の原点に返り、
定款の「事業」を推進する当機構の役務を、本格的に増産する時代に対応しなければ
なりません。

ソシオと当NPO法人が婚産学連携統合 一体となって、一般的婚活では対応できない
特に高学歴社会のビジネスエリート、企業戦士、ドクターズ、男女を問わず、超多忙で
職務優先。その人々に手を差し伸べ、バランスのとれた上質婚。伴走。ハンドメイド。
メンタルヘルスケア他、数々の商標権の認証が示す実践支援により、廻り道のない直線
コース目指して、短期ゴール支援のシステム開発は、先進国  高学歴社会にマッチした
オンリーワン専科の大テーマです。同時に、この真実を広く社会に知らしめ、かっての
時代をとり戻す、相互扶助支援協力なくしては、乗り切れない時代とご理解ください。

OB、次世代、その子、孫の代も、安定した人口社会の実現に寄与し、変わりゆく国
日本の激流に、さしのべるNPOのぬくもりを、ソシオしあわせの灯り絆プロジェクト
と共に、再構築の年とし、 ご賛同ご支援賜りたく、改めてお願い申し上げます。

今、時代に最も必要とされる、安心確実を願う人々のために隣人愛の手を差し伸べる
最重要法人として、ソシオ創業 苦節40周年、関係各位の想いを、国家、個人の将来
に向かって、今こそ一丸となり、推進する貢献の一助に生きた,第2のスタート年 と
致します。

つきましては、下記の通り、正会員による通常総会を開催させて頂きます。
特に本年度は記念すべき、ソシオ創業40年。ワークライフバランス推進協力機構、
10年目の前夜祭に当ります。重ねてご出席くださいますよう、ご案内申し上げます。
尚、当総会において、時代の要請ワークライフバランス推進に於ける、当法人の具体的
活動へのご提言も是非共賜りたく、お願い申し上げます。
ご意見、ご提案、アイデア他、ご提言。OB会の原点となった、かっての積極的隣人愛、
感謝のお返しのご支援は、沢山のしあわせ家族を産みました。

その大同団結の意をお汲み取り頂き、社会貢献のよろこびを共有する再スタートラインと
なります様に、ご理解とご支援の決意の第8期総会並びに、第9期理事会ご出席を、
全員にお願い申し上げる次第です。

ご参考迄に、NPO法人HP・並びにソシオHPより「さくらんぼの会ブログ」「ソシオ
ブログ」にて詳細ご理解賜ります様、改めてお目通しお願い致します。

(「結婚専科ソシオ」→検索 又は「上質婚ソシオ」→検索)でどうぞ。
略称、NPO法人WLBもリンクされています。

< 記 >

.       第8期通常総会並びに第9期理事会

日時:平成29年5月28日(日)総 会 午後2時00~午後3時30分
.                  .   理事会 午後3時30~午後5時00分

場所:TKP京都四条烏丸カンフアレンスセンター 3A室

京都市下京区仏光寺通リ烏丸西入ル TEL 075-353-5466
(地下鉄四条駅6番出口 歩1分)地図参照

歓迎 NPO 会員募集

正  会  員  年会費  6,000円  総会の議決権を有します。
賛助会員  年会費  3,000円  総会参加可。

※ 現状社会改善のために、積極的ご参加をお待ちしています。

※ ひとりでも多くのご参加が数10倍の力となって、
   社会を明るくする啓発、貢献に寄与致します。・

コメント(2) / トラックバック

1 2 3 4 5 6 29