Home >  近況報告

近況報告

再 会

大輔さん、沙也香さん、そして 可愛いい 智君

温い ご家族の絆にふれて、やはり原点は出会いからゴール迄の
ある愛の詩シリーズの 遅咲きのカトレアが、
大輔さんの美しい人間性と男の美学 愛を貫いたストーリーを
綴りながら、(当時、このブログは、開設していなかった)
2013年に大輔さんの、純粋なパーソナリティ、今更に、
深い感銘を呼び覚ましました。

そして、あのストーリーそのまゝの 清楚なカトレアの 沙也香さんが
今、大輪のカトレア、妻となり ママとなって 明るいファミリーに、
愛と絆のストーリーを執筆した感動を、メンバーズに学んでほしいと、
ブログに再UPしました。

あのお父様、そして、自分を忘れて 子供のしあわせを祈られた、
偉大なお母様あればこそ・・・と、子供たちみんなで、残された
お父様大切にと祈らずにはいられません。
お届けした写真とても素敵でしたね。
大輔さん健康お大切に 体重 落して下さいね。

お父様のこと、お大切に くれぐれもよろしくお願い致します。

すずきりつこ

 

10月29日投稿のソシオブログ 「OB家族のふれあい  感動の日」の
ある愛の詩シリーズ  復活祭 遅咲きのカトレア(前編・後編)
改めてご案内しております。
ぜひ、お目通しください。

 

コメント(2) / トラックバック

お久しぶりです。

ソシオの皆様、お元気でお過ごしでしょうか?
懐かしく思い、投稿しました。

先日、子供たちに注意をしていたら、聞いたことのあるフレーズが・・・
昔、母に言われていたことと同じことを言っていて、何だか苦笑い。
そう言えば・・
ソシオで言われていたことも注意していたりして、またまた苦笑い。

生活環境や日々のスピードが昔とは変わってきていますが
人としての基本的なことは、そんなに変わっていないのかもしれませんね。

AIなどで便利な時代になっても、人と人の繋がりなど
大切なものは、これからも続いていって欲しと思います。

コメント(2) / トラックバック

忘れないアドバイス

先日 全米オープンテニスで優勝された大坂なおみ選手が
次の試合の為、日本に帰ってこられ連日、彼女の話題でいっぱいで
台風や地震で不安だった毎日を明るくしてくれています。


彼女のインタビューをみていますと芯がある中にも彼女の
素直さや謙虚さが画面からもわかり、魅力が伝わってきます。
それがプレーにも良い影響を与え成長につながっているのでしょうか。

むかし、専務様に「素直で謙虚がいちばんよ。」と言われたことを
思い出しました。
あれから月日は経っていますが根本的な事はいつの時代も変らないんですね。

なおみさんのさらなる飛躍を見守っていきたいです。

コメント(2) / トラックバック

お盆の「五山の送り火」を見学して。

残暑厳しい毎日ですが、皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

昨日16日、京都市街を囲む山々で、古都の風物詩「五山の送り火」が
行なわれました。

午後8時から東山の「大」の字から始まり、「妙法」「船形」「左大文字」
「鳥居形」に次々に点火され、私たち夫婦も、燃える文字に手を合せながら
見守りました。

お盆に迎えたご先祖様の霊を送り出し、無病息災を祈る伝統行事として
送り火は行われています。

今年も、大阪府北部地震、四国、中国方面に大きな被害をもたらした集中豪雨
災害があり、多くの被害者、被災者が出ました。又、全国的な猛暑による
熱中症被害あり、自然災害が猛威を奮っています。

ご先祖様はもちろん、被害に遭われ亡くなられた方々の霊に、「安らかに」と
お祈りしました。

私たち夫婦の原点、ソシオ様には  もちろん、「しあわせな日々」を送れている
ことに感謝の毎日です。

すこし朝夕が過ごしやすく感じますが、まだまだ残暑は厳しそうです。
ソシオの会長、専務、社長様 はじめ、スタッフの皆様、沢山のしあわせカップルを
送り出して下さい。

コメント(2) / トラックバック

七夕の日 大雨に見舞われて 

 

七夕の今日、特別警報が出るほどの、豪雨で、彦星と織姫の
お出会い、あいにくでした。
みなさん、お家は大丈夫でしたか、特に先日の、地震の後 整理に追われた上に、
豪雨に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。

7月は、祇園祭り。祇園祭は、7月1日から7月31日迄の1ヶ月間です。

ところで、7月にちなんだ、雑報、披露しましょう。
1日 童謡の日
2日 うどんの日
3日 ソフトクリームの日
4日 梨の日
5日 ビキニスタイルの日
6日 公認会計士の日
7日 七夕
8日 チキン南蛮の日
9日 ジェットコースターの日
10日 納豆の日
11日 養殖真珠発明記念日
12日 人間ドックの日
13日 日本標準時制定記念日

七夕さん中心に前後披露しました。
あと、ご存知の方、投稿よろしく。

 

コメント(2) / トラックバック

地震、大丈夫でしたでしょうか。

通勤、通学の時間帯の地震でしたので、非常に心配しています。

実害はなかったでしょうか。

ニュースで、詳細が徐々に報道され始めていますが、無事をお祈り

しています。

余震にも、十分、ご注意ください。

株式会社  ソシオ
.    .社長 中 谷 健

コメント(1) / トラックバック

父の日を前に・・・

 

雨に濡れて紫陽花の花がいっそう綺麗に咲いていますね。

6月の第3日曜日は、父の日です。

「父の日」に皆様は、どのようにお過ごでしょうか?

「母の日」のように際立ったイメージがないのが「父の日」だと思いますが、なんと20〜30代の若者は、54%の方が「父の日」にお父様には「特に何もしない」との調査結果が出されていました。

お父様方は、家族の大黒柱として妻子のため企業戦士となり夜遅くまで身を粉にして

働きつづけておられるというのに・・・

「親孝行したい時に親はなし」ということわざをふと思い出しました。

私も人の親となり、父の日に息子が心を込めて作ったプレゼントを見て、今は亡き父親のありがたさを日々感じ育児にはげんでいます。

わたしが、若き頃、感謝の気持ちを形で現したいと思っていても、なかなか父親との対話が母親よりも少ない為か贈り物を選べなかったですね。

今、この歳になって花束と一言感謝のメッセージだけでも父の心に響いたのではないかと思い悔やまれます。

6歳の息子は、やはりまだまだ母親が恋しいようですが、今年は感謝の気持ちを込めて

息子とメッセージを贈りたいです。

 

 

 

コメント(2) / トラックバック

初夏の 琵琶湖 なぎさ公園で

 

                                                                  

 びわ湖のほとりに、人々が、憩いを求めて散策する、なぎさ公園通りには、渚いっぱいに
敷き詰められた、満開の芝桜に、あちこちで、ワー素敵、きれい・・・
めぐりくる季節に 必ず咲き誇る大自然の花のいのちに感動の声が飛び交う ひととき。

みずうみには、鴨が群れをなして、泳いでいます。

小鳥たちは、若葉の樹々を渡り、地上に舞い降りて、餌をついばむ風情は、なんとも
いとおしい風景です。愛らしく、そっとしのび寄りシャッターをきりました。

きれいな渚に、寄せては返す さざ波が、大自然のロマンを届けるように、
京大ボート部の、”われーは 湖の子・・”の琵琶湖周航の歌が、風に乗って
流れてくるような、多感な青春と、周航のロマンを想い出させます。
日本一を誇る、雄大な 琵琶湖。

束の間のひととき、ピンクの可憐な芝桜の花がとても愛らしく、散策する皆さんと、
言葉を交しながら、超多忙なGWの、公休日の一日、疲れをいやすひとときでした。

                                              

コメント(2) / トラックバック

至福の世界へ

おだやかな 春暖の続く、今日はソシオの定休日。

休み返上の昨今、ひさしぶりに さくら見物に出かけました。
淀川河川公園「さくらであい館」は超満員の人々が行き交う中、高齢者や、ベビー同伴の
家族連れは、ここにも、少子高齢社会の姿がありました。

高く澄み切った青空、満開のソメイヨシノのさくら並木に、心奪われながら、夢中で、
シャッターを切り続けました。

沢山の家族連れや、若いカップルの皆さんと、まるで知己の間柄のように親しく交流しながら、
大自然の雄大さに、久しぶりに英気を、とり戻したかのように嬉々とした ときが 流れました。
日頃の疲れをいやし、至福の世界へ  いざなう開放された時間、最高でした。

心地よい風に こころ いやされながら、大自然のいのちの素晴らしさは、心身共に 燃え立つ
ようなエネルギーを頂きました。

健康のためにも、若葉の季節、久しぶりの夫婦ふたり ツーショットの私たちに、ワンちゃんや、
カメラを向けて下さった温い人たちとの 美しい人間愛も、また さくら同様に美しいひととき
でした。

日本ならではの 春を愛でる素晴らしい季節、あと一週間。さくらが みなさんを待ってゝくれてる
ようですよ。

大自然のふところにふれる、満開の花見 お出かけになりませんか。

京都 八幡市 さくら であい館 Tel 075 633 5120

 

コメント(2) / トラックバック

幸せのベースは寄り添う絆

今日は暖かいお花見日和、桜も満開となり、樹々も芽吹き 若々しい春の喜びに溢れています。
ソシオメンバーズも、お花見デートを満喫しています。

 


.

桜も寒い時期を耐え、暖かい春を迎えると 花は咲き 鳥は歌い そよ風は 流れ、巡り来る四季の様に人生もそうありたいと感じます。

昨日、政府の発表では14歳以下の人口は、2045年には全都道府県で16,4%減少する。
それに対して75歳以上は、43都道府県で2割超となる。
日本のあちこちで街が消え、自治体の明日を想うとき 学校も 自治体も消滅の危険に
さらされている。
まさに ご自分の将来は、ご自分で考える時代に入っています。

結婚難の渦中にいる若者たちと細やかなコミュニケーションを計り、
メンタルサポートも熱心に行う ソシオの役割は、ますます重要になって参ります。

新人セラピーとしての基本をマスターし、一日も早くカップル誕生に貢献したい、誠心誠意
お幸せ創りのスペシャリストとして ますます自分を磨き、精進したい と心に誓いました。

誰からも必要とされる 虹いろの伴走、ご一緒にゴールめざして走り続けましょう。
高齢の創業者 専務の意志をしっかりと引継ぎ、社会に灯りをともし続けたい。
燃える様な熱意に溢れる毎日です。

OBご家族の皆様、春の息吹を胸いっぱい吸って 家族の絆 温めてくださいね。

 

セラピー補  加茂 央江

コメント(2) / トラックバック

1 2 3 4 5 6 29