Home > セラピー室より > うららかな新年の光景

うららかな新年の光景

明けましておめでとうございます。
今年の三が日はお天気もよく暖かくて、外へ出かけるには絶好の陽気でした。
京都は初詣に向かう人、初売りが目当ての人、内外からの観光客で、
新年も大変な人出でした。
普段と違うのは家族連れの多さです、小さい子ども達の手を引くご両親の姿が目立ちます。
ショッピングモールの子ども達は、お年玉を手に欲しかったものを買いに来たのか、
笑顔がはずんでいます。
羽根突きや駒回しなど、昔ながらの遊びはほとんど見かけなくなりましたが、
親戚一同が集まって、お年玉をもらったりご馳走を食べたり、にぎやかに過ごすお正月が
子ども達にとって特別な楽しい時間なのは、きっと今も変わらないことでしょう。

ソシオOBの皆さんも、ご両親様やお子様達と一緒に年末年始を
楽しく過ごされたことと思います。
この一年が、お正月の晴れ渡った空のように素晴らしい年となりますことを
お祈り申し上げます。

image



3 件のコメント

  • go suzuki より:

    新年、朝日新聞に「18歳をあるく」テーマでシリーズ掲載されていますね。
    事例を挙げて、彼らの想いを報じていますが、子供たちが、
    自分たちの行動や主張を、親にいつでもオープンにし始めたこと。
    その親たちは、時には友人、時にはちょっと上の先輩、
    リーダーのような位置で何でもディスカッションし合えている。
    とても、嬉しい現象ですね。

    今年も、沢山の年賀状を頂戴しました。
    20年程前に結婚されたカップルご家庭で、高校生、高校受験、
    大学受験のお子達の様子を一筆書いて頂いている沢山のOBの皆さん。
    素晴らしい。 時流に沿った子育てされていますよ。
    親子共々、輝かしい2016年となりますように。

  • おふくろ より:

    ソシオ休日でもブログ投稿の情熱をかりたてる 
    常に前向きなセラピー室の新人スタッフに心からの
    敬意と期待のハートを届けます。

    確実にしあわせ創りの階段を、明るく 楽しくかけあがっていく
    聡明な後姿に、ソシオの未来進化のベースは人財にあり。
    さる年、新鮮な活躍の場でありますように。

    今朝の朝日新聞に「親子仲良し 苦にならない」のタイトルと偶然の近況。
    さすがですね。

  • Yukihiro より:

    こんばんわ、初めて投稿します。
    昨年11月15日、OBの仲間入りができました。
    初めてのお正月元日は2人でお屠蘇にお雑煮、なかなかおいしかったです。
    2日は僕の実家3日は彼女の実家で過しました。
    両方とも両親、兄弟姉妹の大歓迎で、込み上げる幸せ感に浸りました。

    昨年のお正月は、会社業務の都合があったにはあったのですが、
    本音は、親父やおふくろの顔が、見づらくて(お見合いの話もうっとうしくて)
    大晦日には、ネットで相手検索。3が日は、友人と富士登山に出掛けました。
    おやじやおふくろに、縁談があると、「ほっといてくれ。」と哀しませていました。
    おやじが、ココだけは特別だとソシオのご縁をうるさく勧めるので、
    顔を立てて出向いたのが連休でした。目からウロコ、でした。
    照れくさくて言えませんので、このコメントを借りて「おやじ!ありがとう!」

  • コメント

    このエントリーのトラックバックURL

    http://sakuranbo.xii.jp/blog/wp-trackback.php?p=6340