Home > セラピー室より > いよいよ宵山、祇園祭

いよいよ宵山、祇園祭

山鉾巡行-1


7月に入ると、京都の町ではあちこちからコンチキチンのお囃子が流れてきて、
まさに夏の風物詩、祇園祭が始まり、この時期特有の風情を感じます。

10日には山鉾も建ち始め、14日からは宵山、山鉾のある通りには
露店も立ち並び、ソシオから一歩外へ出れば、辺りはもう祇園祭一色です。
ソシオの近くでは、揃いのTシャツを着た小さな子どもたちが岩戸山に登って
楽しそうに中を見学したり、岩戸山の上からの景色を見たりしています。
祇園祭に合わせて来日した大勢の観光客も、珍しそうに山鉾を見て回っています。
夜は歩行者天国、四条界隈は浴衣姿の若い男女や子どもたちで大賑わいです。

今年は前祭(さきまつり)の宵山や山鉾巡行、後祭の山鉾建てがちょうど
三連休に重なり、祇園祭を体験するには絶好のスケジュールとなっています。
昼間は山鉾を巡って、限定の御朱印を集めるのも、祇園祭の楽しみの一つです。
夕闇に沢山の提灯が浮かび、祇園囃子が鳴り響く宵山は、ご家族やパートナーと
浴衣を着て、屋台を覘きながら夜の京都をそぞろ歩くのもいいですね。
17日の山鉾巡行は祇園祭のハイライト、山鉾毎に違うお囃子を聞き比べたり、
絢爛豪華な装飾や迫力いっぱいの辻廻しなど、見どころも盛りだくさんです。

祇園祭を満喫できるこの週末は是非、京都へお出かけくださいね。

 岩戸山2016-1



4 件のコメント

  • あじさい より:

    今年の祇園祭の宵山は土曜日、山鉾巡行は日曜日になりましたね。
    それに、後山があって、これも日曜日、貴重な年です。

    祇園祭に、浴衣着てデートして、とても良いご縁になった私たち。
    なんとこれ私たちだけではなかったとか、ジンクスですって。
    後輩の皆様、がんばって!

  • 私の玉手箱 より:

    思い出します。テレビで祇園祭のニュースを見ながら家内との想い出話になり、祇園祭でデートをしたね、と。人ごみの中、はぐれない様に手を差しのべると、躊躇なくお互い手をつないだなあ~、その後急速に気持ちが接近したのを思い出しています。永らく、ソシオさんにもご無沙汰しています。きっとソシオでのご縁のカップルは、夫々の想い出を祇園祭に照らし合せているでしょうね。

  • ピーチ より:

    今年の宵山は32万人の人出とニュースで見ました。
    ソシオのメンバーとして活動中、丁度祇園祭の日でソシオのサロンからすぐのところ(新町通)に山鉾があり、夜店が沢山並び出ていました。
    ケアマッチ(ご紹介)の後、二人で行き、思い出になりましたし、その後も毎週デート、ご縁があり、主人と結婚出来ました。
    祇園祭は縁結びの神様でもあるのかも・・・と思っています。
    後輩の皆さんも頑張って下さいネ。

  • syouta より:

    17日祇園祭のハイライト山鉾巡行の日でしたね。
    24日も後祭りと言って山鉾10基の巡行があるのですね。日曜日です。
    なれっこになって、当たり前の様に、祇園祭も終った。なんて
    情緒なく過ごすのは、勿体なくて、うろ覚えですが、少し披露しましょう。

    世界文化遺産です。
    1100年の歴史があります。
    (この間応仁の乱や第2次世界大戦で中断を余儀なくされて、
     町衆が苦労に努力惜しまず。立ち上げ保存しています。)
    期間は、7月1日から31日まで1カ月に及びます。
    (7月1日八坂神社に長刀町が稚児を連れて参拝し始まり。
     7月31日八坂神社の鳥居をくぐり、厄気を祓い護符を授る迄
     この間、祭礼、儀式、など、数々の行事をこなします)
    鉾の組み立ては縄結びだけで出来ています。
    (土台組、真木立て、傘建て、見事な技術、芸術です)
    掛け幕1枚、1000万を下らない超芸術作品です。
    山鉾、お囃子、ちまき、巡行の、よく知られたことだけではありません
    (神輿・色々な鉾、山、曳山などに付いた見事な舞・それに
     山鉾町の屏風祭りなど、重厚な芸術作品が圧巻です)
    まだまだありますが、まあこんなところで。

  • コメント

    このエントリーのトラックバックURL

    http://sakuranbo.xii.jp/blog/wp-trackback.php?p=6633