Home > 出産・子育て > 子どもの日

子どもの日

柱の傷はおととしの〜♪

明日は 端午のお節句 子どもの日です。

 

一昨年ソシオさんで ご縁を頂きました娘から

今朝一番に 「入院したよ!」と連絡が入りました。

「すぐに行くね!」と返事をして

外に飛び出しました。

五月の空は 抜けるような青

そして、色とりどりの鯉のぼり

30年前 初めて娘の顔を見た時

私の小指をギュッと握った 小さな小さな手

全身を真っ赤にして 力いっぱいの泣き声

生命の輝きでした。

 

明日 その娘が母になります。

私は、おばあちゃんになります。

生命が 繋がります。

 

少子化の時代に感謝の気持ちで一杯です。



9 件のコメント

  • りんどう より:

    野に咲く花さん 子孫繁栄。
    繋がって、繋がって、歴史の中の一代になりますね。
    出会えることの喜びを感じます。
    珠のような赤子様とのご対面を願っております。

  • 喫茶去 より:

    赤ちゃんは男の子?女の子?
    おばあちゃんになる気持ちって
    いかがですか?

    生命のつながりってすごいですね。
    普段、自分がここに居ることに
    何も感じませんが、いま生きている
    ということは、遠い遠いはるか昔
    からの生命のつながりがある訳で・・
    生命の神秘を感じます。
    この少子化の時代、未来にむけて
    たくさんの生命のつながりが
    ありますように。

    無事にご誕生されることをお祈りして
    います。幸多い人生でありますように。

  • うず潮 より:

    まさに子供の日に相応しい、うれしいブログですね。
    男性には窺い知れない母親の思いが、伝わってきます。無事に、元気なお孫様が誕生されます様にお祈りいたします。

  • すいせん より:

    野に咲く花さん。
    お孫さんお誕生おめでとうございます。
    5月5日こどもの日が誕生日、素敵です。
    きっと、何か 使命を持って生まれたのでは。
    ごめんなさい。勝手なこと言ってしまって。
    つい、我がごとの様に感動してしまいました。
    孫って特別です。本当におめでとうございます。

  • 野に咲く花 より:

    皆さま
    温かいコメント頂きありがとうございました。
    初孫は 昨日12時45分 2850グラムの男の子 無事産まれました。

    この子たちの未来が 明るいものであってもらいたいと
    心から 願います。

  • お山の大将 より:

    嬉しいニュースを拝見しました。「野に咲く花」さん
    おめでとうございます。お写真の鯉のぼりの様に
    お子様と共に、ご家族皆様お幸せであります様にお祈り致します。皆の力で、子供たちの未来に 幸あれ と頑張りたいですね。

  • やぐるま草 より:

    野に咲く花さん
    初孫さん、ご誕生おめでとうございます。
    これからの日々の成長が楽しみですね。
    たまにでいいのでブログにエピソードなど
    載せてください。
    楽しみにしています。
    5月5日は忘れられない日となりましたね。

  • おふくろ より:

    野に咲く花さん
    5月5日 子供の日に合わせた様に
    玉のような男児誕生。初孫は宝物。 
    改めておめでとうございます。

    指折り数えて 出産までの日々をいたわり合って
    はじめてパパ、ママになられたご夫妻の感激は
    また、ひとしおのこととお祝い申し上げます。

    今日で丁度10日ですね。
    鼻高の愛らしいベビーちゃんのスマホに
    写ったおませな表情にびっくり。

    ひ孫のように いとしさが募ります。

    いのちの誕生、国の宝ですね。
    健やかな ご成長お祈りしています。
    そして、いつの日か抱っこ できる日が
    待ち遠しいですよ。

    • 野に咲く花 より:

      専務さま
      温かいメッセージありがとうございます。
      退院して 自宅で初めての子育てに奮闘中の 娘のところで 家政婦さんをしています。
      日がたつごとに ギュっと握る手の力も オムツ替えの時に バタバタと蹴る脚の力も そして 夜中に オッパイを求めて泣く声も着実にパワーアップしております。
      ソシオでは 成婚ラッシュ ベビーラッシュとお聞きしました。 少子化の 日本で 何と素敵な事でしょう。
      お食い初めが終わったら 娘と孫と 素敵な旦那さまと みんなで サロンをお尋ねしたいと思っております。
      ソシオのおばあちゃま 是非抱っこしてくださいね。

  • コメント

    このエントリーのトラックバックURL

    http://sakuranbo.xii.jp/blog/wp-trackback.php?p=7862