ソシオOB さくらんぼ の会 コミュニティ » Blog Archive » きずなの行方

Home > しあわせの灯り絆プロジェクト > きずなの行方

きずなの行方

チャンネルをひねると、耳を覆いたくなるショッキングなニュースばかり。
きずなの行方がさ迷っています。

僅か5才の愛らしい結愛ちゃんが ひらがなの「ゆるして ごめんなさい・・・・・」
食べるものも与えられず やせ細って 短かな5才の人生が終りました。

すべての原因は結婚軽視。再婚、その犠牲者は、血を分けた最愛のわが娘で
あった筈。今、この国は狂っています。

子供のためなら、非道な日常を方向転換する愛と勇気をもって、その母が、
命をかけて守るのが、真の母子の絆。ドライでクール、自己中心が招いた
事件は、後を断ちません。

本来、私たちが育ってきた この国の愛とぬくもりを、今こそ、とり戻すとき。
子供の貧困や虐待は、自己中心の結婚軽視から。

無責任な親のエゴから 毎日子供たちの 不幸なニュースを断ち切る法改正、
隣人愛が問われませんか.

 



7 件のコメント

  • やぐるま草 より:

    本当に胸が苦しくなる事件ですね。
    私が5歳だった時、子供が5歳だった時・・
    あのようなことを考えてたのでしょうか?
    無邪気に遊んでいた記憶があります。

    この便利な世の中、何か大切なものを
    私達は忘れたのでしょうか?

    子供たちの笑顔いっぱいの社会で
    ありますように!

  • ラピスラズリ より:

    この様な事件をニュースで見るたびに
    同じような年頃の子を持つ母親として
    胸が締め付けられ涙が出ます。

    子育ての中で沢山の苦労は、
    今も昔も変わらないはず・・・

    他人事ではなく、周りが子供達を注意して
    見守り、声をかけて不幸な子供が
    増えな様になればいいですね。

  • うず潮 より:

    本当に悲惨というか、ニュースとはいえ、聞くに堪えれませんでした。おふくろさんの言われる様に、真の母の愛で包み込む母子の絆、愛と勇気ですね。お手紙に綴られた幼気な、必死の叫び、本当に何とかならなかったのか、と。

  • おふくろ より:

    やぐるま草さん ラピスラズリさん うず潮さん
    早速のコメント有難うございます。

    人が孤独で、やり場のない不安を
    注目の凶行に走っている様に思われて
    なりません。

    新幹線での事件。助けるための正義感が
    犠牲者を生んだ不安な世の中。やり場のない
    怒りと、犠牲者となられた方のご冥福を祈ります。

    温い社会。信じ合って生きられる本来の
    日本に戻れます様に。 

  • 顕彰 より:

    しばらくです。おふくろさんお元気のご様子うれしいです。
    新幹線での痛ましい事件。本当にたまりませんね。
    東大卒のエリートさんで、新婚さんだとか。
    あんなとき、他の乗客の方、数人で犯人を後ろから
    取り押さえることが、出来なかったのでしょうか。
    自分がその場にいたらどうしただろう?
    逃げるが勝ちか、勇気ある行動か。議論を呼ぶことですね。
    勇気ある行動を取る時、同じ行動を取る複数の助っ人が
    必要でしょうね。
    今、世の中の空気は、廻りがすぐ助っ人になって動くこと、
    少々期待出来ないかもしれませんね。寂しいことです。
    家内から、正義感出しちゃだめよ。と心配気に言われました。
    みなさん、どう思われますか?

  • おふくろ より:

    顕彰さん  人間らしい社会であるための対策、
    一緒に考えてみませんか。

    今夜のニュースでも、多くの人たちの、心を動かし、
    特に、子供を持つ若いパパたち、孫を持つ祖父らしき
    人々の涙 涙 涙
    おえつさえ洩れる ショッキングな幼な児の叫びに、
    どうすれば救えるのか。
    私たちに問いかけているようです。

  • 喫茶去 より:

    ご主人や家族を想う、奥様のおっしゃった
    ことは間違っていないと思います。

    ただ、正義感とは?何なんでしょうね?
    出さない方がいいのか?否か?
    ずーーっと考えてます。

    無事に過ごしている毎日に感謝。

  • コメント

    このエントリーのトラックバックURL

    http://sakuranbo.xii.jp/blog/wp-trackback.php?p=7907