Home > 近況報告 > 父の日を前に・・・

父の日を前に・・・

 

雨に濡れて紫陽花の花がいっそう綺麗に咲いていますね。

6月の第3日曜日は、父の日です。

「父の日」に皆様は、どのようにお過ごでしょうか?

「母の日」のように際立ったイメージがないのが「父の日」だと思いますが、なんと20〜30代の若者は、54%の方が「父の日」にお父様には「特に何もしない」との調査結果が出されていました。

お父様方は、家族の大黒柱として妻子のため企業戦士となり夜遅くまで身を粉にして

働きつづけておられるというのに・・・

「親孝行したい時に親はなし」ということわざをふと思い出しました。

私も人の親となり、父の日に息子が心を込めて作ったプレゼントを見て、今は亡き父親のありがたさを日々感じ育児にはげんでいます。

わたしが、若き頃、感謝の気持ちを形で現したいと思っていても、なかなか父親との対話が母親よりも少ない為か贈り物を選べなかったですね。

今、この歳になって花束と一言感謝のメッセージだけでも父の心に響いたのではないかと思い悔やまれます。

6歳の息子は、やはりまだまだ母親が恋しいようですが、今年は感謝の気持ちを込めて

息子とメッセージを贈りたいです。

 

 

 



4 件のコメント

  • シナモン より:

    家族のために夜遅くまで働いて
    くれていた父。
    なのに、話さなかったりして
    ちょっと距離をおいていました。

    今では、定年後に覚えた料理で
    たまに私達に、ご馳走してくれます。

    明日は、父の日。
    皆で賑やかに話をしてみます。
    ありがとう。お父さん❗️

  • うず潮 より:

    私も、父の日を振り返ると、若い時には殆ど、父との会話が無かったように思い出します。
    先日、息子夫婦より父の日のプレゼントを頂き、感慨にふけっていました。親の想いを改めて、痛感しました。

  • おふくろさん より:

    母の日は、カーネーションやケーキや
    ディナーなどの あんなにも感謝のありがとう‼
    イベントなど待ち兼ねたように盛り上るのに
    なぜ 大切な父の日 静かなんでしょう?

    私たちが、しあわせに安全に生きてゆくその蔭に
    父やパパの大樹の愛と支えがあることを知りながら
    何と申し訳ない時代なんでしょう。

    子育ての中で父に対するママ達の日頃の尊敬や
    ねぎらいの言葉やお疲れ様の感謝の日常であれば
    パパたち、きっと張り切って子供たちに
    その後姿で示してくれる筈。

    せめて 
    ソシオOBさくらんぼの会が先陣に立って
    父の日のささやかでもいい、
    心から有難うの家族イベント 
    考えてみませんか。

    今日は、こころから、父の日 
    ありがとうの感謝のコメント 
    投稿しませんか。
    私は父の日の花、チューリップを
    贈ります。

  • お山の大将 より:

    父の日ですね。早めの父の日を、先週家内の実家と
    私の実家に家族で行きました。お祝のお届けより
    こどもたちの顔を見せるのが、何よりのプレゼントの様です。お祝を出来る両親が元気なのは、うれしいことですね。今日は、夜の食事に何かサプライズがあるような気配です。

  • コメント

    このエントリーのトラックバックURL

    http://sakuranbo.xii.jp/blog/wp-trackback.php?p=7917